スタッフBLOG

もんじゅ

投稿日:2016年12月22日

ツイートする

夢の原子炉、もんじゅの廃炉が決まった。

松野博一文部科学大臣は、8月の就任時から5ケ月分の大臣給与と賞与を自主返納した。

凄いなあ、偉いなあ。

運転停止が長期に及び、結果として多額の国債を投入したにもかかわらず、当初期待の成果に届かなかった。

事実を受け止めて、政策責任者のけじめとして自主返納を決めたとか。

よくよく読んでいたら、毎月、国会議員の給与の毎月貰う、月額の129万4千円は、含まれていなくて、文部省から受け取る大臣給与5ケ月分と賞与を合わせて66万円を返納するんやとか・・・

国会議員の給与と別に文部省から、給与が出る事も知らなかった。

給与を返納すると言ったから、国会議員の給与、647万円と文部省の給与全部なんかなあと思ったら、66万の文部省の分だけ返納も良く分からん。

1950年に計画したもんじゅは、トラブル続きで、250日しか運転出来ず、使ったお金は、1兆円以上。

作るのも辞めるのも大変やったと思うけど、私達の税金が、1兆円以上使われた事は確か・・・・

夢の原子炉・・・・あぶくと消えた・・・・岡本芳子



コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事